洋書初心者に Kindle を強くおすすめする理由。挫折しにくい読書術が実現できる

iPadは英単語の暗記でも大活躍!使い方とおすすめのアプリ

洋書を読む方法としてはペーパーバックが一般的ですが、初心者の人にはあまりおすすめできません。

Kindleで洋書を読んだほうが挫折も少ないし、リーディングの上達も早いです。

というわけで今回は洋書初心者に Kindle を強くおすすめする理由についてくわしく解説します。

Kindleと洋書の相性は抜群

なぜ洋書初心者こそKindleで読むべきなのか?メリットをリストアップしてみました。

  • Kindleで洋書を読むメリット
  • ・辞書内蔵なので、語彙力に自信がなくても大丈夫
  • ・洋書の品揃えが豊富で、初心者向けの本も読める
  • ・メモやハイライト機能があるので、復習にも使える
  • ・スマホでも読めるので、コツコツ習慣化できる

辞書内蔵なので、語彙力に自信がなくても大丈夫

自分の好きな辞書を追加できる

洋書初心者の人が必ずぶつかる壁があります。それは「書かれてる単語の意味がわからない」というものです。

英語にそこまで自信がない状態で洋書を読むと、おそらく知らない単語のオンパレードだと思います。特に一般的なペーパーバックを読もうとしても、全然理解できずに挫折する可能性大。

しかし、Kindleには辞書が内蔵されているので、わからない単語が出てきてもタップするだけですぐに意味を調べられます。

読書から離れて辞書を引く作業は面倒ですし、時間もかかりますが、Kindleならあっという間です。

ただし、わからない単語が連続してしまうと、たとえ辞書内蔵でも文章全体の意味を捉えられません。

大前提として、自分の英語レベルに合った洋書を選ぶことは欠かせませんので注意しましょう。

洋書初心者におすすめの本と選び方については以下の記事をご覧ください。

洋書初心者こそ「薄い本」を選ぼう。おすすめの本と失敗しない洋書の選び方
洋書を読むのが初めての人には「薄い本」をおすすめします。洋書初心者が選ぶべき本と挫折しない読み方を解説します。

洋書の品揃えが豊富で、初心者向けの本も読める

僕も洋書に挫折した経験があるのでよくわかるのですが、初心者のうちは洋書選びに失敗しがちです。

さきほど説明しましたが、どうしても直感で買ったりジャケ買いしてしまうんですね。「自分なら読めるだろう」と過信してしまうのです。

結局のところ、洋書が読めないのは英語力が低いからではなく、自分の英語力に合った洋書を選べてないだけ。つまり、裏を返せば自分の英語力に合った洋書さえ選べれば読破できる可能性は高いということです。

そのためには、豊富な品ぞろえの中から十分に吟味して1冊を選ぶ必要があります。

しかし、街の本屋さんではそもそも洋書が売ってないですし、大型書店でも品揃えは限定的です。少ない品揃えの中から無理やり選ぼうとすると、結果的に自分の英語レベルを超えた本を買ってしまいがち。

そういった失敗を防ぐためにも、品揃えが豊富なKindleストアのほうが良いというわけです。

Kindleストアなら無限ともいえる品揃えの中から洋書を選べるので、自分の英語レベルと興味に合致した1冊を見つけやすいというメリットがあります。

ちなみに「品揃えが多すぎすると逆に迷ってしまう…」という人は、GRを読みましょう。おすすめの本は以下の記事にまとめてあります。

洋書初心者におすすめ。英語多読にピッタリな 「Oxford Bookworms」 の13冊
洋書を読むと、だいたいの人が挫折を経験します。その理由の大半は「自分のレベルよりも難しい本を読んでいるから」です。裏を返せば、自分のレベルにあった洋書を読むことさえできれば、挫折なしで読破することができます。というわけで今回は洋書初心者にお

メモやハイライト機能があるので、復習にも使える

Kindleでメモしたいページをスクショする

「洋書を読みつつ、英語(語学)を勉強したい」という人もいると思います。そういう人にもKindleがおすすめです。

Kindleにはハイライト機能(蛍光ペンで線を引く感じのやつ)が付いているので、気になる文や単語をマークすることができます。

ハイライトした箇所は自動的にメモに転記されるので、あとで振り返りたいときにも非常に便利。

僕は英語学習のみならず、読書ノートの代わりとしても活用しています。ハイライトは4色のペンで色分けができるので、【単語は青、気になる文は黄色】という感じでルール化しておくと、あとで振り返るときにラクです。

Kindleなどの電子書籍に手書きメモを書き込む方法。使い勝手が良すぎて読書がはかどる
僕は紙の本と電子書籍(Kindle)を併用する派で、読書をするときには必ずメモを取っています。紙の本の場合はページに直接書き込みますが、電子書籍だとそれができません。Kindleに手書きのメモを書き込む方法はないか?と試行錯誤してみたところ

スマホでも読めるので、コツコツ習慣化できる

Kindleは端末を選ばないので、スマホでも洋書を読むことができいいます。

和書には文庫や新書があるので、外出先(電車やカフェ)でも比較的コンパクトな荷物で読書ができます。しかし、洋書には文庫や新書の規格がないので、どうしてもA5サイズくらいのペーパーバックが主流になってしまいます。

自宅で読むにはいいのですが、外出先にペーパーバックを持ち出すのは少しハードルが高いですよね。

また、本のサイズは単純に読書のアクションの起こしやすさにも影響してきます。本が大きいと、気軽に読む感じではなくなるので、多少なりとも意志力が求められます。

スマホであれば、いつもSNSやネット検索をするのと同じ流れで洋書が読めるので、シームレスに読書ができます。

気軽に読めると、スキマ時間や気が向いた瞬間にパッと洋書に入り込めます。毎日5分だけでもコツコツと続けることで習慣化しやすく、それが結果的にレベルアップの速度を早めてくれます。

余談ですが、僕はKindleOasisもiPadも持っていますが、iPhoneのKindleアプリで洋書を読む機会が1番多いです。

【実体験】Kindle端末を使った英語学習がおすすめな人・使わないほうがいい人
Kindle端末を使って英語学習するメリット・デメリットをご紹介。効果的な使い方とおすすめの端末も解説します。ちなみに、僕はKindle Oasis を愛用中です。

洋書は「精読」と「多読」を使い分ける

洋書初心者におすすめの薄い本

洋書初心者の人は、正しい読み方をしないと挫折する可能性が高まります。

具体的にどうすればいいのかというと、精読と多読を使い分ける(意識する)のがおすすめです。

  • 洋書の精読
  • ・わからない単語は辞書を引く
  • ・英文法の理解、文の構造までしっかり読む
  • ・内容もしっかり理解する
  • 洋書の多読
  • ・辞書は引かない
  • ・わからないところは読み飛ばす
  • ・読めないと感じた本は、スグに読むのをやめる

わかりやすくいえば精読は丁寧に読む方法、多読は速さ重視で読む方法です。

なぜこの2つを意識すべきかというと、精読する本と多読する本で難易度を変える必要があるからです。

精読するということは、自分にとって少しむずかしい本を読むことを意味します。精読すべきレベルの本を多読しようとしても、到底読めません。本当は精読すべき本を多読をしてしまうと「自分の英語力はまだまだなんだ…」と自信を失ってしまいます。

精読すべきレベルの本は最初から「精読するぞ!」という意識で臨むべきです。そうすることで、たとえ読むスピードが遅かったり辞書を引く回数が多くても、「精読だから仕方ない」と割り切ることができ、自信を失うこともありません。

こうした理由から、「この本は精読で」「こっちは多読は読もう」という意識分けをすることが大切です。

見方を変えれば、精読用と多読用で本を選び分けたほうが失敗は少ないとも言えます。

やっとわかった「洋書精読」の効果。正しい読み方&洋書の選び方【おすすめ辞書も】
洋書精読に挫折した経験。それを乗り越えて、洋書精読の効果を体感した話。シンプルな「洋書精読のやり方」についても解説していく。
洋書の選び方・読み方

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間100冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。月平均で、だいたい3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

30日間無料でKindle Unlimitedを試す

English Baum / 英語学習ブログ
タイトルとURLをコピーしました