効果を実感。多聴多読マガジンは最高のリスニング&リーディング教材だった

効果を実感。多聴多読マガジンは最高のリスニング&リーディング教材だった

英語のリスニングやリーディング教材で困っている人は多いと思います。

僕は散々いろいろな本を試してきましたが、『多聴多読マガジン』が予想以上に良かったです。

今日は『多聴多読マガジン』の内容と、学習してみて実感した効果についてくわしく解説します。

本の内容がつまらないと、英語学習は続かない

僕の英語学習方法は基本的にリーディングとリスニングです。

音声を聴いてリピーティングしたり、シャドーイングをしたりする方法ですね。

英語のリーディングやリスニングは繰り返しの反復練習が非常に大事なので、何度も同じ内容を読むことになります。

最初はともかく、何度も読んでいると確実に飽きてくるんですよね。

内容がつまらない会話文とかストーリーが続くと、挫折する人も多いと思います。

英語が身につくかどうかは、英語学習をコツコツ続けられるかどうかにかかってくるので、自分が興味を持てる題材が書かれているかはリーディングやリスニングにおいては特に重要です。

時事ニュースや古典作品まで幅広い題材が多聴多読マガジンの良さ

さて、本題である「多聴多読マガジン」ですが、扱っている内容は非常に幅広いです。

たとえば2018年8月号は「英語で学ぶ!世界の料理」という特集が組まれています。

ほかにもイギリスの名作『Robin Hood』、米朝首脳会談のトランプ大統領のスピーチ音声&テキスト、アン・ハサウェイのインタビュー記事などバラエティ豊かです。

1つの題材が短めなので、サクッと学習できて負担が少ない

どんなに興味がある題材でも、英語の長文が何ページも続くと心が折れます。

でも多聴多読マガジンは、テーマごとに細かく区切ってくれるので、精神的にかなり楽です。

「もうちょっと読みたかったな」と思うくらいが英語学習ではちょうどいいので、分量としては申し分ないバランスになっています。

『Englishジャーナル』 vs 『多聴多読マガジン』

類書として『Englishジャーナル』という雑誌もありますが、こちらは難易度が高いです。

レベルを比較すると、こんな感じでしょうか。

版元から公式なレベルも公開されていますが、僕は実際に読んで以下のように感じました。

  • 『Englishジャーナル』 中級〜上級、TOEIC750点〜
  • 『多聴多読マガジン』 初級〜中級、TOEIC400点〜

この2つの雑誌の決定的なちがいは、レベル別になっているかどうかです。

『Englishジャーナル』はレベル別に内容が分かれていはいますが、全体的にむずかしいです。読みやすい箇所は少ない。

『多聴多読マガジン』は明確にレベル別に分かれていて、最初はカンタン。読み進めると難易度が上がっていきます。

僕はTOEIC700点レベルですが、『Englishジャーナル』はむずかしく感じたので読むのを止めました。

2ヶ月に一回の発売がちょうどいいペース

『Englishジャーナル』は月刊誌ですが、『多聴多読マガジン』は奇数月発売なので2ヶ月に一回です。

個人的にはこのペースがちょうどいいと思っています。

『Englishジャーナル』を読んでいたときは、結局全部読み終わることができないまま最新号が発売されてしまうので、なんとなく消化不良だったんです。

でも、2ヶ月に一度というペースで発売する『多聴多読マガジン』は、だいたい読了したタイミングで最新号が出てくれるので、いい気分で買うことができます。

読み進めるのが早い人にとっては物足りなく感じるかもしれませんが、2ヶ月に一回のペースが心地よく感じる人も多いのではないでしょうか。

多聴多読マガジンは、初心者〜中級者まで1冊で対応

さきほど紹介したように、『多聴多読マガジン』は1冊のなかでレベル別にステップアップしていく流れになっています。

ですから、最初のほうで「読める喜び」「聴き取れる喜び」が味わえるのは大きな意味があると思います。

難易度が低くても、「英語を理解できたという事実」がモチベーションにつながりますよね。

音声再生アプリを使えば、再生速度も自由自在

『多聴多読マガジン』はCDが付いているので、本の内容を音声で聴くこともできます。

僕は、リスニング音声はすべてスマホアプリを使って再生していますが、これがかなり良いんですよね。

『多聴多読マガジン』にはネイティブの早い話し言葉も含まれているので、なかなか聞き取るのがむずかしい箇所もあります。

そのとき、再生速度を遅くできれば、自分の英語力に合ったスピードで学習ができます。

扱い題材もおもしろくて、挫折なく読み進められる『多聴多読マガジン』は私の英語学習をおおいに支えてくれています。

多聴多読マガジンで実感した効果

多聴多読マガジンで学習を続けて実感した効果はいくつかありますが、

  • ・ラジオでネイティブの音声が聴き取れるようになった
  • ・英文で書かれたブログが読みやすくなった

というのが1番嬉しい効果でした。

J−WAVEやInterFMといったラジオ局が好きでよく聴くんですが、どちらの局もMCが英語が上手なハーフだったり、外国人アーティストが出演することも多いんですよね。

だから、アーティストのインタビューをMCが通訳するという流れが非常に多いわけです。

英語学習をしている身としては、通訳が訳す前に直接理解したいと考えます。

これが少しずつ叶ってきているのは多聴多読マガジンのおかげかなと思ってます。

あと、ネット記事とかも英文だと有益な情報が多いので、英語を読むスピードが上がったのも大きな成果だと思います。

単純に読み物としてもおもしろいので、多聴多読マガジンに迷っている人は一回手にしてみることをオススメします。

ちなみに、月刊誌では CNN English Express という選択肢もあります。くわしいレビューは下記の記事をどうぞ。

CNN ENGLISH EXPRESS で英語学習を始めてみたら、勉強が劇的に楽しくなった【使い方&おすすめポイント】
最近は「CNN English Express」で英語を勉強してます。音読とシャドーイング中心です。CNN English Express の使い方・英語レベル・メリットを解説。さらに「English Journal」との違いも比較しながらレビューしていきます。
おすすめ英語教材

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

結局、英会話レッスンは必要不可欠。

ネットで交流

僕は以前まで「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

実際に英会話をやってみて「参考書やアプリの勉強だけでは限界があるんだな…」と感じました。結局、英会話レッスンをやることで英語力が飛躍的に伸びたからです。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。


 DMM英会話
1レッスン25分
月額料金【スタンダードプラン】
毎日1レッスン 6,480円
毎日2レッスン 10,780円
毎日3レッスン 15,180円
【ネイティブプラン】
毎日1レッスン 15,800円
毎日2レッスン 31,200円
毎日3レッスン 45,100円
教材数21
カランメソッド
英語資格対策TOEIC
英検
IELTS
TOEFL
講師の国籍132カ国以上
日本人講師
講師の評価ユーザーによる5段階評価
レッスン
可能時間
24時間
無料期間2回分の無料体験レッスン
▶ 無料でDMM英会話を試してみる

English Baum / 英語学習ブログ
タイトルとURLをコピーしました